大賛成!人づくり革命:富裕層に流れていたアベノミクスマネーがやっと庶民に行き渡る!

f:id:pkotoba:20170803184345j:image

1)幼児教育の無償化、2)大学・専門学校を含む高等教育の授業料無償化が、赤字国債あるいは日銀の直接国債引き受け(ヘリコプターマネー)によって行われることになる。実行可能な額だ。1)には1兆円、2)には約3.7兆円(消費増税1.4%分)が必要。ただし所得制限(900万円以下の世帯)を設ければ、2.7兆円(同1%分)。収入が300万円未満の世帯の授業料が全額免除、300万円―500万円の世帯の授業料が半額免除なら、0.7兆円だ。これらを赤字国債あるいは日銀の直接国債引き受け(ヘリコプターマネー)によってまかなう。実行可能だ。確実に貧困層、中間層に金が行き渡る。アベノミクスマネーが庶民に行き渡る。庶民を含めた実経済のマネーストックがやっと増える。これは一種のベーシックインカムだ。