内部文書と嘘 - 福島原発事故での民進党の場合

f:id:pkotoba:20170727081448j:image

福島原発事故第三者検証委員会は、2016年6月6日に調査報告書を公表した。それによると、当時の清水社長が事故から3日後の3月14日夜、記者会見中だった武藤副社長に対し、広報の担当者を通じて、炉心溶融と書かれた手書きのメモを渡させ、官邸からの指示として、「炉心溶融ということばを使わないよう」指示していたことが分かった。この「官邸からの指示」について、当時の内閣総理大臣だった菅直人氏も、官房長官だった枝野氏も異口同音にそんな指示をしたことはないと主張している。