「AirPods」の起こした一大革命 - イアホンジャックのないスマホ

 f:id:pkotoba:20170722205209j:image

下の記事をじっくり読んで欲しい。

"「AirPods」を速攻レビュー、音楽を毎日聴く人には間違いなくおすすめのワイヤレスイヤホン"
http://appllio.com/apple-airpods-t-review

iphone7や8を買うまいと思っていた私はこの記事を読んで気が変わった。敢えてイアホンジャックなしのiphoneを今買うべきだと決心したのだ。
イアホンジャックを取り去ることによってスマホ本体の構造や機能が良くなる事は多くの人が指摘するが、airpodsが学期的な発明だと言う人は少ない。イアホンが小さな携帯ケースの中で充電されるその事の重大さを論じた記事が少ないのだ。つまり、イアホンケースが携帯充電器になっている。ケースが一旦充電された後、今度はそのケースに入れたairpodsがケースによって充電される。普通は1段階で済ませているイアホンの充電が2段階で行われる。ただそれだけのことだ。ところがこれが大発見なのだ。ケースを一回充電すれば、イアホンをケースから取りだしたり、しまったりすることで、何日間でも、好きな時に好きなだけ音楽を楽しむことが出来るのだ。ケースの大きさやケースのバッテリー容量あるいは充電速度、あるいはケースの充電方法(ワイアレス充電を含む)はいくらでも後から改良出来る。しかも価格は安い。airpodsの利便性を知ったiphoneユーザーは、airpodsのバージョンアップを、スマホ本体のバージョンアップと同様に待ち望むようになるだろう。しかもその値段はスマホを買い換えるよりはるかに安い。アップルはスマホ本体とは別の、airpodsと言う一大マーケットを作ったことになる。

スマホにイアホンジャックなど必要ないと宣言した瞬間、アップルは、ジョブスを超えたと思う。天井が見えたと思われたスマホビジネスがこれで息を吹き返した。アップルがSteve Jobsなしでも立派にやって行けることを証明した学期的な瞬間であった。