市民は自民党を見限ってはいない。

f:id:pkotoba:20170720063003j:plain

安倍政治は両義的であった。『専制による裁量政治』と『社会の公平性を保つエネルギー』とが上手くバランスしていた。これはある意味、日本の自民党の良い伝統でもある。しかしその専制が私欲を満たす道具に使われると全てが台無しになってしまう。これも一つの自民党の伝統である。
他方民進党は平気で嘘をつく。自民党は嘘をつかない。正直な人たちの集まりだ。その意味で市民は自民党を見限っていない。解散してもまた自民党に票を入れるだろう。菅官房長官も本当は正直で嘘をつけない性格であることが、あの東京新聞記者とのやり取りの中に見て取れた。市民はそれをちゃんと見ている。その意味で市民はまだ自民党を見限っていない。民進党官房長官福島原発事故でついた嘘を市民は忘れてはいない。民進党は平気で嘘をつく。むしろその嘘の方が数万倍怖いのだ。それに比べたら菅官房長官のついた『嘘」など取るに足らないことに見えてくる。