読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寄付というかたちの節税:舛添氏の新たな政治資金流用疑惑

 

   確定申告で経費を課税額から控除して節税することはよく行われるが、舛添氏は交付金という国民の税金を個人的な寄付金に変換したうえでその金を寄付金名目で自分の税金の控除に使っていた疑いがあるという。以下は日本大の岩井奉信教授の説明。
 
政党交付金を一端、組織対策費として舛添個人に入れます。これは報告義務はありません。それを自分の政治団体に寄付して税金の控除を受けるわけです」「つまり税金である政党交付金は寄付によって普通の金になってしまい、その寄付金は本人の税額控除の対象とされます。これは節税目的の一種のマネーロンダリング。違法ではないが納得いかない話です」
 
 岩井奉信  JーCASTテレビウォッチ