読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"猛省が必要"と発言した谷垣氏の政党交付金使途報告書の内容

谷垣自民党幹事長政党交付金(税金が原資)使途報告書(2013-14年) 「宣伝広報費」15億円「調査研究費」2億円「清書及び翻訳料」6千万円 支出先: 広告代行および調査関連会社。 (代表取締役自民党職員OB、現役自民党議員) 日刊ゲンダイ

舛添氏に対する庶民的義憤は実は選挙民の民度の低さの裏返し。

少額の公金を私的流用しても潤沢な税収でまわっている都政には何の影響もない。違法性がないのに個人の資質だけを理由に罷免することなど都議会ができるはずもない。結局舛添氏に対する庶民的義憤は、実は選挙民自身の民度の低さに由来していることに気ずか…

敗者による敗者のための道

子供を援助しても階級と世襲の壁は越えられない。 あしげく子供を自転車に乗せて英語塾に通っているたくさんのお母さん!これはあなたがたに送る言葉です。

"舛添氏"で思い出す、いつか見たこの写真

この写真はルーマニアで一般公開されたチャウセスク元大統領の豪邸跡である。東欧の民主化革命が成功したのち、一般市民はこれを見て仰天した。彼チャウセスクは民衆から没取した財産を"階級の解消"に使うどころか独裁専制体制を作りあげるために使った。そ…

壁 - テロの源泉

この壁を乗り越えられるどうかはあなた自身がどう生きるかできまる。しかし... 彼は壁の向こうの世界を永遠に見れない。その理由は?貧困?人種?国家?階級?民族?梯子を燃やしてしまった若者は今何を考えながら火に当たっているのだろう。この純真な若者…

桃太郎と赤鬼の戦争

「僕のお父さんは桃太郎というやつに殺されました。だから桃太郎を殺します。」 「僕のお父さんは赤鬼というやつに殺されました。だから赤鬼を殺しました。」 参考 新聞広告クリエーティブコンテストポスター 2013

こんなに辛い1日ならば、いっそ早く過ぎ去って欲しいと思いながら、あなたは、「今日」を過ごしたかも知れません。しかしそんな1日が、昨日死んでしまった誰かにとっては、きっと来ると信じて夢見た「明日」であったはずなのです。 趙昌仁 カシコギ

相撲

元関脇の蔵間が、記者から「なぜお相撲さんは頭にまげをのせているのですか?」と聞かれて、答えたひと言。 「さあ、あれがないとただのデブと区別が付かないからじゃないですか?」 三宅信一郎 INSIGHT NOW!

7人乗りなら、ボルボの高級SUVよりトヨタ・シエンタが最高にいい理由

野心はありませんが、憧れはあります そうかあ? だがなにもXC90じゃなくても。ボルボはV40だってカッコいいしずっと安いディーゼルもある。こんなバカでかくて1000万円近くするクルマをSPA!で取り上げる意味って何? このクルマ、なんと7人乗りなんですよ…

農地改革

戦後、農地改革後の農村を視察していたアメリカ人が田んぼにいた老人にたずねた。 「マッカーサーをどう思う?」 彼は通訳が質問を訳すと、真剣な面持ちで答えた。 「天皇陛下も良い人を雇ってくださっただよ。」 世界史系ジョーク集

「先進」日本がすべきこと

明治の日本人は、為政者、軍人ともに絶妙なバランス感覚を持って、幕末開国と、日清・日露戦争を生き抜いた。日露戦争の講和後、日本は、為政者も軍人も世代交代しているうちに、どんどんおかしくなっていった。 現在、世界では、民族主義による摩擦が高まる…

消えぬ攘夷の思想

近代日本の国家建設の原動力は尊皇攘夷(天皇を尊び、外敵を撃ち払うこと)なんですよ。ところが薩英戦争などで敗北し、『いずれ攘夷をするから開国せざるを得ない』と方針を変えた。じゃあ攘夷の思想が日本人から消えたかというと、消えてはいない。外圧が…

中国と反日

第一次世界大戦でヨーロッパが戦場になっているときに、アジアが手薄になったから、このときがチャンスとばかりに日本が対華21カ条をつきつけたわけでしょう。それまでは中国は反日、排日だけではなくて、反米でもあり排米でもあった。いろいろな外国の権…

石原莞爾

石原莞爾は満州事変共謀について証人尋問を受けています。彼は日中戦争以降は日本の拡大主義に反対し東条英機に嫌われたため左遷されています。東京裁判では病気のために戦犯指定を受けませんでした。石原は山形県鶴岡の彼の自宅に出張尋問に来た人間に、「…

運命

運命ってのは言い訳の別名よ 高橋弥七郎

生きること

人はいつかは必ず死ぬのだからね。だから生きている人は全員闘病していることになるんだよ。 小手鞠るい

戦争と日本人の集団心理

我々の老世代は戦争中、この集団心理のイヤな面を毎日のように見せつけられた。そしてある面で人間の弱さ、大衆の弱さを身にしみて知った。そして戦争に敗れると猫も杓子も『民主主義』という変節ぶりも不愉快だった。私はこうした集団のなかの個人の変容を…

彼女

彼女のネガティブなところがそれほどたくさん思いつけないということがあります。そしてそういうネガティブな部分にさえ自分が強く心を惹かれているという事実があります。 村上春樹

多数決

多数決は正義の証明ではない シラー

幸福

幸せな分だけ不幸がある。不幸の分だけ幸せがある。

ポピュリスト トランプ氏の主張

ドナルド・トランプはポピュリズムを背景に登場したと考えられています。ポピュリズムとは大衆の感情に訴えることで得票し、政権を握る手法であり、経済混乱と格差社会が先鋭化したときに出現します。平等主義、保護貿易主義、移民反対主義 安全保障に関する…