読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神は細部に宿る。

メディアが語る特殊な事象を軽視すべきではない。それらを避けてあえて総論を語ろうとする人は何も発見できない。メディアはもともと特異な事象に特に反応しやすい。しばしば軽薄で間違いも多い。しかし感性はときに鋭く正直で率直である。社会的で象徴的な…

舛添氏疑惑:税金2億5千万を普通の金にしてしまう方法

ここで言う"資金洗浄"(マネーロンダリング)とは"金の出所"を曖昧にするという意味で使わせてもらった。舛添氏は2010年に自民党を離党、「新党改革」を結成する。(代表舛添氏、幹事長荒井広幸氏) 同年より毎年1億2千万の政党交付金(税金が原資)を受け取ること…

"猛省が必要"と発言した谷垣氏の政党交付金使途報告書の内容

谷垣自民党幹事長政党交付金(税金が原資)使途報告書(2013-14年) 「宣伝広報費」15億円「調査研究費」2億円「清書及び翻訳料」6千万円 支出先: 広告代行および調査関連会社。 (代表取締役自民党職員OB、現役自民党議員) 日刊ゲンダイ

舛添氏に対する庶民的義憤は実は選挙民の民度の低さの裏返し。

少額の公金を私的流用しても潤沢な税収でまわっている都政には何の影響もない。違法性がないのに個人の資質だけを理由に罷免することなど都議会ができるはずもない。結局舛添氏に対する庶民的義憤は、実は選挙民自身の民度の低さに由来していることに気ずか…

"舛添氏"で思い出す、いつか見たこの写真

この写真はルーマニアで一般公開されたチャウセスク元大統領の豪邸跡である。東欧の民主化革命が成功したのち、一般市民はこれを見て仰天した。彼チャウセスクは民衆から没取した財産を"階級の解消"に使うどころか独裁専制体制を作りあげるために使った。そ…