読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大橋巨泉の死について

千葉の在宅医が非難の的になっているがそれは違う。入院してCVPポートをつけた時点ですでに彼は完全な緩和ステージ。緩和メニューの作成は退院時の担当医の責務だったはずだ。 2013年79歳時に中咽頭がんの診断を受けてから3年の経過であった。その間毎年再…