読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人のモラル

倫理とは本来、悪と善の"対決"から生まれるものだが、日本人はこの対決を本能的に嫌っている。 私たちはその対決の代りに"美"、つまり"調和"、"セッチュウ"を道徳の基準とした。他人に対する"調和"、社会との"調和"、国家との"調和"、これが日本人のモラル感…

農地改革

戦後、農地改革後の農村を視察していたアメリカ人が田んぼにいた老人にたずねた。 「マッカーサーをどう思う?」 彼は通訳が質問を訳すと、真剣な面持ちで答えた。 「天皇陛下も良い人を雇ってくださっただよ。」 世界史系ジョーク集

消えぬ攘夷の思想

近代日本の国家建設の原動力は尊皇攘夷(天皇を尊び、外敵を撃ち払うこと)なんですよ。ところが薩英戦争などで敗北し、『いずれ攘夷をするから開国せざるを得ない』と方針を変えた。じゃあ攘夷の思想が日本人から消えたかというと、消えてはいない。外圧が…