読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「騙された」の大合唱だった東京裁判

ルーズベルトもハルもマーシャルもみんな真珠湾攻撃のことを事前に知っていたという証拠がポンポンと出てきて、「ルーズベルトにうまい具合にはめられた」「ルーズベルトがわざと日本に真珠湾を攻撃させた」というルーズベルト謀略説が生まれました。その結…

一億総懺悔のカラクリ

国民に戦争責任などなかったと思いますよ。この戦争はあくまで政府と軍部とマスコミの指導によると思うんです。皆して「一億総懺悔」といって、「お前も俺も悪かった」と、互いに肩叩きあって済む話じゃないんです。「みんな悪かったんだからお互いに責める…

日本の幻想を消し去った原爆投下。

日本人にとって"最後まで戦う"とはどういう意味だったのか。それは気高く自らの命を投げ出すことだった。彼らは天皇のために死のうとした。神話の国を守るため先祖と共に祀られるために死のうとした。降伏や平和交渉はあり得なかった。”日本人のイデオロギー…

石原莞爾

石原莞爾は満州事変共謀について証人尋問を受けています。彼は日中戦争以降は日本の拡大主義に反対し東条英機に嫌われたため左遷されています。東京裁判では病気のために戦犯指定を受けませんでした。石原は山形県鶴岡の彼の自宅に出張尋問に来た人間に、「…