読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリオタートルの呪い - リオセレモニーにて

恐れを知らない幼児性、おめでたい楽観主義、単純な善と悪の対立さえも無視する劣化した道徳感。 #作者Benjamin Schawartz:医者の肩書きを持つ異色のcartoonist

原発と役所は船に似ている。

役所という船では、艦長に命令権は無い。最終的な決定権も無い。重要な変針を行う際には、乗客の了解を得る必要がある。場合によっては船長選挙を行い、乗客の多数決を問う必要も出てくる。選挙の結果、多数側の乗客が代表者としてブリッジに乗り込んで来る…

福島原発事故の現実 - 核汚染マップが示すもの

核処理工場、原潜、原発事故、核実験をすべて考慮に入れた核汚染の格ずけマップである。日本の海岸線沿いに乱立する原発31基のうちの4基に起こった事故の結果がこれである。 pkotoba :「こわれた」から、こわれなかっ福島原発 - 二つ幸運を参照のこと

speedieなど役に立たない!とにかく同心円圏外に逃げるしかない!

❶ 福島原発事故放射能汚染のシークエンス 3/11-3/18 高度被曝は事故直後ではなく4、5、6、7日目に集中している。 ❷リアルタイムのspeedieの動き (http://d.hatena.ne.jp/akatibarati/touch/20120414/1334421134より) ⑴3/12 1号機水素爆発 ⑵3/14 3号機爆発 ⑶3…

「こわれた」から、こわれなかった福島原発 - 2つの幸運

東京電力や政府の事故対応はことごとく失敗し、4号機燃料プールの破損と4つの原子炉格納器の爆発は不可避と考えられた。そうなれば原発から250㎞の範囲が「永久高度汚染地域」になると予想された。だが、二つの幸運により、そうはならなかった。 ⑴一つ目の幸…

狂っているとしか言いようがない。

伊方原発1基の再稼働の「審査」が終わった。「審査」には合格したが、活断層が真下を走っており、現在「差し止め仮処分」の請求中である。すでに「審査」に合格した高浜原発2基も「差し止め仮処分」が下った。現在稼働中なのは川内原発2基(福島型)のみであ…

それでも日本が原発を止められない四つの理由

1)選挙民が反原発より「経済」を優先。 2)原子力をめぐる強大な「利権」構造の存在。 3)反原発運動家たちの意見の不一致。 4)有能な反原発政治家の欠如。 結論:日本人の拝金主義→1)2)3)4)→日本は脱原発できない。 ワシントンポスト