読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

景気回復を保障する非ケインズ効果の3要件

1996 年イタリア人経済学者であるアレシナとペロッティは「思い切った」歳出削減の方が歳出拡大より経済回復に効果があると主張した。 彼らはOECD加盟国20カ国の35年にわたる財政データを集積し、財政再建期に相当する62ケースを抽出したところ、16ケース(8…